« ● 力作 レシピの検索インデックスHP作りましたー! | トップページ | ■ アジの干物サラダをポン酢のジュレで »

◆ 守口の絶品やきそば

もう、撮りためた写真だらけになってきました。
更新しなくちゃ。せっせ、せっせ。

だいぶ前になっちゃいましたが、大阪に行ってきました。京都に出向いた帰りに、どうやっても串揚げが食べたい! ってことで無理やり>笑
串揚げの写真はまた次回にねー!

さて、そんな大阪の帰り道。
大好きなお好み焼き屋さんに寄って帰ることにしました。
ここは地元出身のお友だちイチオシの小さなお店。以前に教えてもらってここで焼きそばとお好み焼きを食べて以来、私の頭の中でのお好み焼きと焼きそばの最高峰は、ここです。

お好み焼きもすっごくおいしいんだけど
他のお店が決して越えられないのがやきそば。あああ、ここのやきそばを越えるやきそばに、いまだかつて出会ったことはない。
麺が違うのですね、麺がっ!!!!

しかも安っ!!

2009_0601izumi0064

守口の星月っす。普通の商店街の中にありますが。

2009_0601izumi0067

ここのおばちゃんがちゃかちゃかーっと誠実に焼くお好みと焼きそばはほんまうまいわあ。

2009_0601izumi0062

何が違うんじゃろうなああ。うまいなあ。

2009_0601izumi0066

私は、東京生まれの東京育ちなので、子どものころからお好み焼きといえば、アルミのカップに材料だけ入ったものをどかんとテーブルに置かれて、それを自分で焼くのが当たり前の風景でした。
そうやって、自分たちでテーブル調理するという楽しさを求めて、お好み焼き屋に言ってたように思いますなあ。で、そういうお店はたいていお好みだけじゃなくて、イカだのソーセージだの野菜だのが鉄板焼きとして供されていて、たいていはそんなものもたくさん頼んで、最後にお好み焼き、と。

そんな立ち居地にあったお好み焼き屋さんに衝撃が走ったのが、広島風お好み焼きの台頭。こりゃあびっくりしましたなあ。このあたりはおしゃれな立ち居地として、デートスポットとして利用されたりもしたわけです。

おそらく、私の人生ではそのあとに登場したのが、関西風のお好み焼き。でもって、さらにその後のお好み焼き人生を大きく変わったのが、大阪でお好み焼きを食べてから。

以来、東京でうっかりお好み焼き屋に入って、アルミのカップをどかんと置いて去られてしまうと
「あんた、働かんかい! 客に焼かせて同じ値段取るんかい!」と思うようになりました>爆笑

もんじゃ焼き以外は、自分でなんてもう絶対焼きたくないなあ。
星月のおばちゃんみたいに、素朴に実直に、すっごい働き者のおかあちゃんがちゃかちゃかっと極上のタイミングで焼いてくれるのが、やっぱり一番だなあ。

ほんとにおいしかったです!
守口にお越しの際はぜひどうぞ>笑 ガイドブックに載るような観光客相手の名店じゃないです。でもその代わりに、近所のおばちゃんおじちゃんが、ふらりと寄ってさくっと食べていく風情が、ほんとのほんとにいいもんだなあと思います。

ここはね、やきそばの麺のお持ち帰りができます。
キャベツと豚肉を炒めておいて、ゆでこぼした麺をささっと入れて、あとはジャージャー焼き上げるというより、あっさりしたウスターソースで合えるぐらいの感覚で作る焼きそば。なんつか、これは焼きそばっていうよりパスタみたいな感じ。
帰宅後に息子に作らせたけど、麺がおいしいので上記の方法でさくっと作ればほんとにおいしくできあがります。ほんとにおいしいなあ。

これを食べちゃったら、スーパーで買う焼きそばや縁日の焼きそばなんて物足りなくて。富士宮焼きそばなんてのも、足元にも及びません。ああ、うっとり。

2009_0612izumi0095

写真ぼけちゃった。
ああああ、また食べたい!!!!!

« ● 力作 レシピの検索インデックスHP作りましたー! | トップページ | ■ アジの干物サラダをポン酢のジュレで »

◆ ごはんー旅のごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 守口の絶品やきそば:

« ● 力作 レシピの検索インデックスHP作りましたー! | トップページ | ■ アジの干物サラダをポン酢のジュレで »

無料ブログはココログ