« ◆ にんじんとレンズ豆のプチココット | トップページ | ◆ キヌア、ラタトゥイユ、ディジョンマスタード »

◆ 目からうろこのレタスのグラタン

  • ブルゴーニュでおいしいものをたくさん食べてきたので、そのままブルゴーニュのお料理を作りたい日々が続いています。

何よりも、これまで夕食の定番と思って準備してきた献立が、「なんだ、こんな組み合わせでもぜんぜんOK?」って思えるようになったのが一番の収穫。
うちは息子も私も小食なので、夕食を作りすぎ、食べすぎてしまって辛いなあと思う日も多かったのです。ごはんとおかずという固定観念から自由になってみれば、なんだかとってもラクチン。胃の調子もいいです。

というわけで、今日の夕食です。

今日は、レタスのグラタン!

レタスですよ、レタス。レタスがグラタンになるなんて、思いもしませんよね。
でもこれが目からうろこでうまいのです。生だと数枚食べたらもういっぱいのレタスも。これなら一人丸ごと1個ぐらいいけちゃいます。ちなみにフランスでレタス lettuce といえば、日本で言うプリーツレタス、グリーンリーフといったものをさします。いずれにせよ、ひとつ100円ちょっと出せば手に入る手軽なもの。繊維も多いし、とってもいいおかずだと思う!

これを教えてくれたのはクロディーヌ。
最後の日に、お料理を教えて! とお願いして一緒に作ったのがこのレタスのグラタン。「いづみのためにレシピをいくつか用意したんだけど、何がいいかしら。この間ズッキーニのフランを作ったでしょう? あなたがあれをとても喜んで食べたので、一緒に作るのはじゃがいものグラタンか、レタスのグラタンがいいと思っているのだけれど」。

えー! レタス?
レタスがグラタンになるの? ぜひそれを作りたい。お願いします!

その料理教室の様子はこちらです。

2009_0729izumi0348

材料は、
・レタス
・たまご 3個
・ベーコン100g(フランスではベーコンは拍子切りになったラルドンという状態で売られています。薄切りベーコンを細く切ったのでもいいけど、できれば厚切りベーコンを拍子切りにしたほうがおいしく作れます)。
・レタス丸ごと1個
・生クリーム200cc
 (レシピとしては生クリームですが、半分牛乳や豆乳にしてもOK)

まず、ラルドン(ベーコン)をバター少量で炒めます。これは無駄な油を出すため。炒めたベーコンはキッチンペーパーに取り、無駄な油を除きます。

2009_0729izumi0349

次にレタスを炒めます。クロディーヌは丸ごと炒めて、あとから器用にお皿の上でカットしました。私は先にカットしてから炒めちゃったけど。

2009_0729izumi0352

こちらの人はまな板をあまり使わず、フライパンの上でナイフで器用に野菜を切ったり、こんな風にお皿の上でカットしたりします。まな板のほうが早くて合理的とも思うけど、そのたびに洗ったり、すすいだり、殺菌したり。。。。なんていう手間を考えると、彼女のような方法は洗い物の手間を出さない合理的な方法なんだなあ、って痛感。

2009_0729izumi0350

ボウルに卵と生クリームを合わせて混ぜます。ここに炒めたベーコン、ベーコンを加えて混ぜ、バターを塗った耐熱皿に入れて、200度で40分。天板には水を張ってくださいね。、蒸し焼きにするってことです。

2009_0729izumi0356

出来上がり! ほうれんそうでキッシュってよく作るけど、それよりずっと軽くておいしい。レタスのグラタン、目からウロコだけど、すっごくおいしいんですよ。もう、びっくり。

というわけで、今夜の我が家の夕食に作ってみました。

P1020784

レタスのグラタンの前に彼女が作ってくれたのがズッキーニのフランで、これもまたとてもおいしかったのですが(これはまた別に作ってみますね!)、このズッキーニのフランのときは、彼女は「豆乳で作ってみたのよ」と言っていたのです。なるほどー! グラタンのようにホワイトソースを作るのでもなく、キッシュのように生クリームたっぷりというのとも違う。豆乳を使うって、健康にもいいしすごくいいアイデア!

私は、これまで実はキッシュって結構苦手だったのですよ。

フランスに行ってテイクアウトでキッシュを買うときもあるのだけど、たいてい少量で胸焼けがしてしまう。家でほうれんそうのキッシュなんかを作ってみるけれど、おかずにするにはちょっと重い。だから、夕ご飯にキッシュっていうのは、なんだかちょっと違うなあって思っちゃう。それに比べて、豆乳で作ったズッキーニのフランのなんと軽くておいしいこと。

そこで、今回はレタスのグラタンも生クリーム半量、豆乳半量で作ってみました。

あとのレシピは上記とまったく同じです。
P1020786

おいしそうじゃねー!!
今日の夕食は、このレタスのグラタンと、固くなってしまったフランスパンを消費するためのオニオングラタンスープ。

P1020788 

たまごと少量のベーコン、そしてレタスが一人半分。オニオングラタンスープはたまねぎとパンと少量のチーズだけ。こんな風景だけど、野菜はたっぷりです。なんだかとってもヘルシーだけど、お腹はいっぱいです。

P1020789

のんびりワインを飲みながら、こんな軽い夕食(でもおなかはいっぱい!)というのもなかなかいいものだと思います。

あれこれおかずを作りすぎてしまうことも多かったので、しばらくはこんなラクチンなごはんでいけるといいなあ。だって、レタスのグラタンなんて、準備はとっても簡単なのです。フランスでの体験は、ラクチンにつながることが多くて、なんだかしあわせです。

レタスのグラタン、ほんとにおいしいの。
だまされたと思ってぜひ!

« ◆ にんじんとレンズ豆のプチココット | トップページ | ◆ キヌア、ラタトゥイユ、ディジョンマスタード »

◆ ごはんー旅のごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 目からうろこのレタスのグラタン:

« ◆ にんじんとレンズ豆のプチココット | トップページ | ◆ キヌア、ラタトゥイユ、ディジョンマスタード »

無料ブログはココログ