« ★ アルミワイヤーのアールデコ風ペンダント | トップページ | ◆ 香川にはなぜうどんのようなものが多いのか »

◆ 本場の讃岐うどんの作り方

先日、香川で1泊してきました。
その時の、うどん行脚については、twitterでさんざんつぶやいていたので、見てくださった方はもう食傷気味かもしれませんが>笑
(そのときのうどん写真はまとめて別に載せておきまーす)

その時、地元の方にほんばもんの讃岐うどんの再現方法について、伝授いただきました。

東京では、徐々に讃岐うどんのうまい店が出没しつつありますが、これぞ!と思って出かけても、落胆する店もしばしば。
はなまるうどんも、最初のうちはうまいうどんを出していたのですが、最近はあきまへん。あれはなんでじゃろうなあ。どんどんあかんことになってます。

ここはうまい! と思う店も、温玉うどんに800円なんて値段をつけられると、一気に気持ちが萎えたりもするわけで、やっぱり思いついたときに、うまいうどんを安く食べたい! という思いはいつもあるわけっす。ほれ、私、麺食いだからね。

地元香川の方も一押し。
いつでも本場の味に一番近い、という讃岐うどんの作り方は、いとも簡単。

はい、これ。

Img_0182

麺は加ト吉の冷凍讃岐うどん。
ゆがいて、鎌田のうどんしょうゆ。

黄金の組み合わせです。

これまでもこの組み合わせ、たまに我が家で登場していたのですが、今回、地元讃岐っ子さんのお墨付きをもらったので、これからは胸を張って食べるのだ。

うどんは、ゆでうどんは完全NG。
乾麺もゆで具合が難しいので、素人さんはできれば避けるのが賢明。
絶対に失敗しないのが、加ト吉の冷凍うどんなのだそうです。
かけるのは絶対に、鎌田のうどんしょうゆ。

かけうどんにしたければ、以前もご紹介している、コーヒーメーカーでだしを取るこの方法
http://plaza.rakuten.co.jp/chugakueigo/diary/200612050000/

これに、鎌田のだし醤油と、塩、少量のお酢で味付けをしたものでどうぞ。

鎌田のだし醤油は、たまーに東京のスーパーでも見かけますが、なかなか売ってるところは少ない。でも、ここのだし醤油はお料理好きさんの間では、すでに有名な、それはそれはうまい醤油であります。

先日、知人の家で使って置いてきたところ
「あれは、なんだ。うまいもんやなあ」と喜ばれたらしく、鎌田醤油の実力を再認識したところでもありました。

鎌田醤油の購入はこちらでどぞ。

http://www.kamada.co.jp/shop.php

ということで、今日の夕食は本場もどき讃岐うどん。

そして、さっき帰ってきた山形のおみやげ、平田牧場の豚肉ステーキ。
讃岐と庄内のコラボということで>笑

Img_0183

これもんまかった!!!!


麺喰いの道、まだまだ極めます!


« ★ アルミワイヤーのアールデコ風ペンダント | トップページ | ◆ 香川にはなぜうどんのようなものが多いのか »

◆ ごはんー旅のごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 本場の讃岐うどんの作り方:

« ★ アルミワイヤーのアールデコ風ペンダント | トップページ | ◆ 香川にはなぜうどんのようなものが多いのか »

無料ブログはココログ