« ★ ローズクォーツのラブリーなセット | トップページ | ★ 母とのコラボ »

■ うちのおかか専用容器と、自家製なめたけ

みなさんのおうち、おにぎりの定番の具は何ですか?

以前、会社員だったときの昼休みの話題にこの話が出たとき、開口一番
「アサリの佃煮!」と答えた人がいてびっくらこきました。
そ、そんなものはうちのおにぎりに入っていたことはない。。。。。。。。
「何言ってんの、おにぎりといえばアサリでしょう!! 運動会だって遠足だって
いつだっておにぎりといえばアサリだったよ 」と彼。

家庭の食文化ってのは、おもろいもんだと思います。
そんな一人一人の記憶が、日本の食を作っているんだぜ。

さて、そんな我が家のおにぎりですが、一番頻繁に登場するのは「おかか」です。

いえ、私はあまり好きじゃない。
私が一番好きなのは「たらこの焼いたの」。
生じゃだめよ。焼いたの。

でもさ、たらことか鮭とか、焼いたりほぐしたり一手間かかるもの、さらには常に
冷蔵庫に入ってるわけじゃない(うちではね)ってものより
やっぱりいつもそこにあるものの登場率のほうが高いわけで。

その意味では

息子=おかかオンリー
私=梅干しオンリー

というのが、とっさのときのおにぎりの具なわけです。
はい、こんな感じで朝食や昼食に。

Img_0271

うちの息子は、見知らぬ物を食べるのがとても苦手です。
特におにぎりなんて、途中まで食べて中から何が出てくるかわからないという
ある意味とてもリスキーな食べ物なわけで。
ここになじみのないもの(まさに、アサリの佃煮とか!)を入れてしまったら
具が出てきた時点で、即食べるのをやめてしまうわけです。

中身がおかか、鮭、せめてたらこ。
この3つが確約されているおにぎりでないと、彼は手をつけません。涙。

ところが、私が生まれ育った環境では、おかかがおにぎりに入ることはなかったのです。
おかかがいい! というのは、息子が新たに私に持ち込んだ新しい食文化。
きっとどっかで食べた記憶、コンビニおにぎりの記憶(笑)で、インプットされたのでしょう。
ということで、子どもがおにぎりを食べるようになった当初
私はおかかの作り方を知りませんでした。

たしか、遠い記憶の中で、おばあちゃんがお茶碗にかつおぶしを入れて
そこに醤油をかけてぐにぐにしていたことを思い出し
最初はそれをやっていたのですが
時間のない朝などに、これは結構面倒。
飛び散るし、余ったものの処理も微妙だし。

そこで苦肉の策で取り入れるようになったのが、おかか専用容器の導入です>笑
ふたがついた、ガラス瓶のプリン容器が余っていたので
これを使ってみたら、形も大きさもちょうどよいのよねえええええ。

というわけで、我が家のおかか専用容器のご紹介。

Img_0267

こんなちょっと小さめのプリンのびん。
これを直接、かつおぶしの袋の中につっこんで、かつおぶしをいっぱい詰めます。
(外でやると、かつおぶしがこぼれて掃除が大変)

いっぱいつまったところで、だし醤油と醤油を半々の分量にして
びんの中に注ぎます。底に3mmほど溜まるぐらいが目安。
入れたら蓋をして、一気に振る!!

Img_0269

かつおぶしがこぼれることなく、かき混ぜる箸などの汚れ物が出ることもなく
しかも使い終わったら蓋をして冷蔵庫に入れられる。
この、首がちょっとすぼまっているのが使いやすいんだなあ。

Img_0270

ってことで、ほかにもっといい方法があるのかもしれませんが
おかか経験がない私なりに、息子のために考えたおかか製作法でした。
この容器は、ほぼ常に冷蔵庫に入っています。
賞味期限も気にしなくていいし、なんの一手間もいらないので
急なおにぎりにはとっても便利じゃなあ。
おかかとのりは、うちの冷蔵庫の定番かもです。


今日はもいっこ、最近お気に入りのものを。
なめたけです。

つい先日まで、私、なめたけを自宅で作れると思っていませんでした。
あれは瓶詰めで買ってくるものだと。
一緒に長野に旅行に行ったお友達が、長野のスーパーで大量に売ってたえのきだけで、
なめたけ作った!と聞いてびっくり。

しかも、おどろくほど簡単なのじゃね。

えのきだけ切って洗う。
鍋に入れる。
しょうゆとみりん同量入れる。
煮る。

終わり。

しかもすげーうまいし、安いし。
最近は常備債として常に冷蔵庫に入っています。

先日はこれで、なめたけぶっかけさぬきうどんを作りました。

Img_0273

加ト吉うどんゆでる。
なめたけ乗っける。
たまご乗っける。
うどん醤油かける。

終わり。
ああ、しかもびっくら仰天うまい。
なめたけの瓶詰めって小さくてすぐなくなるし、味も濃いでしょ。
自家製だと薄味にできるので、大量にこんな風に食べるとすげーおいしいです。
安いしね、えのきだけ。


ということで、そんな小ネタな今日でした。


« ★ ローズクォーツのラブリーなセット | トップページ | ★ 母とのコラボ »

■ ごはんー今日のごはん」カテゴリの記事

コメント

うふふふ・・・ほんとにあのなめたけって、私、実は瓶入りのが、妙な甘さで好きじゃなくって、食べないものだったんだけど、自分で作ると、シンプルにおいしいですよね!

 たって、えのき、ってものすごくお安いでしょ。で、ちゃーんとたくさんできて、シンプルな味だといっぱい食べられるんだよね。おいしくって。

 普通のも作りますし
http://ryosroom.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-6933.html

 ピリカラ味なんかもおいしいですよ(辛いものお好きだったら)
http://ryosroom.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-18df.html

 私はダシをとった、おかかと昆布(これは刻む)を瓶に入れて、おにぎりにもお弁当にも使ってます。ニッポンのダシは偉いぞ!

おおっ!おかか専用容器とは。
私の友人の旦那(阿佐ヶ谷人)の実家には
そういう入れ物が常に冷蔵庫にあったと聞きました。

おにぎりだけでなく、ご飯の友だって。
友人はその事にとても驚いていたのでした。

>なめたけ
私も作ってみます!!!
お弁当の友に良いですね~~

おにぎりの具って、お家の文化だよね〜〜!!

夫(盛岡)実家では「三角はすじこ、俵型は塩ウニね!」だったそうでで、
九州育ちの私はびっくりでした〜〜!!
運動会遠足には定番だったらしいけど、九州の気温では無理だったに違いない。
生ものおにぎり。

うちは、梅干、オカカ(子どもの頃から食べてました)が定番ですが、子ども用
カロリー&カルシウム補給用には、ジャコ(電子レンジでカリっとした物)とサイコロに切ったチーズをまぜまぜしたおにぎりも作ります。
この場合、真ん中の具はなしね。

んまそうです(*≧∀≦*)ワイヤーワークアクセ記事もキレイでうっとりしますが
こんなゴハンネタほっとして好きです。いつも記事UP楽しみにしています♪

初めてコメントさせていただきます~。
ももせさんの鍋プリンは我が家の定番になっております。
ごはんもののUP、待っておりました~。

昔、エノキを煮込んでいた時にたまたま煮込み過ぎて「なめたけ」が
偶然出来たんですよね~。
私も「なんや、めっちゃ簡単やん~」って思いました。
でも主人は「なめたけ」好きなんですけど、下の子がきのこ類がいっさい
ダメなので、全く作らなくなりましたね。
でもまた作ってみようかな・・・。

おにぎりは我が家も定番は「おかか」と「梅干」・・・それから「塩昆布」とかですかね。
みんなおかか大好きなので、「おかか専用容器」・・うちもマネしてみようかなあ。

ももせさんの合理的な料理や家事についての記事、いつも楽しみにしてますよ~。

>りょうちゃん

ああ、もうなめたけなんていったら、りょうちゃん宅では当たり前のように作っていそうなメニューだああああ。
ほんと、この手の「実は家で作れる」ってのは結構あるもんですね。
しかも、しごく簡単に。

味が濃すぎないってのもうれしい。こんどとうばんじゃん入り試してみます!

>ムーコ

私は結婚したとき、たまごかけご飯におかかが必須! とEX夫に言われて(もとおっと、という意>笑)、おかかしょうゆの存在をはじめて知りました。
食文化の違いっておもろいねええ。

なめたけはすっごくうまいから、試してねー! 安いしね。

>呑ちゃま

うわああ、海鮮おにぎりだあああ。ほらあ、南では無理でっしゃろ。北ならではだね、北! うまそうじゃなあああ。(しごく高級っぽい)

でも呑ちゃんのチーズ入りってすごくいいねえええ。
うちの息子が食べるかどうかは置いておいて、自分用にぜひ作ってみる!!!
じゅるっ。

>ひまわりマミーさん

わわ、しばらくアクセサリーが続いちゃって。。。。。。
っていうのも、しばらくごはんぢからが弱っていたというのもあるかも。
地方巡業が多かったのでねえええ。

ごはんぢからの赴くままに書いてます。
楽しみにしてくださって、うれしいです! またのんびりぼちぼち書きます。これからもよろしくです!

>はるそうさん

鍋プリン、健在ですか!? おお、そりゃあうれしいなあああ。

なめたけってのは、はるそうさんみたいに、偶然から生まれた食べ物かもしれませんね。鍋の具だとぬめりが出ないのよね。あるところから、突然ねばねばしだす。不思議です>えのき。

おかか容器は、大家族だとすぐなくなっちゃうかもですが、とにかく箸でかき混ぜず、ただ勢いよく振るってことで解決できちゃったよ、ってことなので、いろんな容器で試してみてちょんまげ、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ うちのおかか専用容器と、自家製なめたけ:

« ★ ローズクォーツのラブリーなセット | トップページ | ★ 母とのコラボ »

無料ブログはココログ