« ■ 浅草橋の水新菜館と、パーツ買い出し行脚 | トップページ | ■ まこも茸っ! 水なすっ! »

◆ いつものごちそう、特別のごちそう

もう十数年、足を運ぶ場所があります。

http://www.redwoodinn.jp/
ここ。


学生の頃からお世話になった方が経営するロッジ。
いまは、息子さんが引き継いで、立派に経営しておられます。

今や立派な主人となったようちゃん。
彼が幼稚園のときから、あたしゃ遊んでいたんだよお。
ああ、あのやんちゃな坊主がなああ。
こげに立派になって。

しかも、とうちゃんの遺志を継いで、かあちゃんに寄り添って。
もう

おばちゃんは、それだけでいつも胸がいっぱい。


うちの、高校生になる息子が
0歳のときから
お世話になっていた場所でした。

山の愛犬ポパイなんて、まだ子どもだったもん。
うちの子はポパイが大好きで、大好きで
テラスにあったポパイの小屋に潜り込んで
一緒に寝てたりしてたもんだ。
部屋に戻ってくると、犬臭くって、難儀したっけのおお。

そのポパイも
もう、老犬です。

Img_0974

白内障で真っ白い目になって
足腰が弱くなって、もう立つのもやっと。

ありがとね、ポパイ。
毎年
いっぱいいいっぱい
君に教わることがたくさんあったんだ。

Img_0973

幼稚園生だったようちゃんが、ロッジの経営者になって
いっぱいお世話になったおいちゃんは、ちょこっと前に逝ってしまった。
かっこよくて、あったかいみどりさんは
白髪の素敵なおばちゃまになった。
何も変わらないと思っていたポパイが
今年はもう、立つのがやっと。
散歩が大好きで、雪の上を滑るのが大好きだった元気なポパイだったのに
もう
すっかり、下半身が細くなってしまったんだね。

今年も、宿のドアを叩き
いつもの、
こんな山のなかで、どうやったらこんなにうまい飯を。。。。。

と思うごちそうを食べながら。

私はもう50の齢を過ぎて
いろんなものが変わってしまったけれど
それでも、ここでの時間は何一つ変わっていないような気がする。

そんな
いつものごちそう。

でも、きっと
特別なごちそう。

Img_0948

きのこのマリネ

Img_0949

自家製のスモークハウスで燻製した、おとうふ、ホタテ貝
グリーントマトの自家製ピクルス(絶品!)

ここまで、食前酒のシェリー酒で。

Img_0950

同行の仲良しさんのプレ誕生日を祝って
自家製スモークあれこれ、盛り合わせ。
イワナ、ソフトサラミ、チーズ、あとなんだっけ?

とにかくこりゃワインだろうってことで、オススメのオートストラリアワインを追加。

Img_0954

かぼちゃのスープ

Img_0955

お魚
なんだっけ、これ。すっごくおいしかったけど、名前忘れた>笑

Img_0956

島根牛のステーキ
うますぎて、がっついて、写真撮るの忘れた。最後の一切れでかろうじて思い出して、パシャ。

Img_0957

満腹でもう無理、と思ったけど
最後に出てきた焼きおにぎりの鶏スープのお茶漬けが、こりゃまた絶品。


Img_0958

デザートに至っては、もう完全に脳内トリップ状態にて、写真は放棄。

おいしかった、満腹だった、しあわせだった。


私は、生活エリアではほとんどフレンチのコースは食べないんだけど
年に数度

この場所に来ていただくお料理は
私の血と肉の多くを作っていると思う。

いつものごちそう。
でも、やっぱり
特別で

今年はさらに
なんか特別だ、と思った。

年を重ねるということは
たくさんのことを積み重ねて栄養にするということであり
同時に
何かを失っていくことなんだ、ってことが

ちょっとづつわかりだした年齢になったのかもしれないな。

翌日

Img_0964

宿からちょっと足を伸ばして
今年整備されたっていう「しなの木ロード」へ。

あじさいが満開。

Img_0965

Img_0967


うつろうからこそ、美しい花、あじさい。
うつろうことの、はかなさと、素敵さと。

Img_0968

山の奥で待ってるしなの木さんと挨拶して、帰ってきました。


Img_0969


大事な場所と
大事な人たちと
大事な時間。


宝物の場所なんです。
機会があったら、ぜひ行ってみてね。


http://www.redwoodinn.jp/

« ■ 浅草橋の水新菜館と、パーツ買い出し行脚 | トップページ | ■ まこも茸っ! 水なすっ! »

◆ ごはんー旅のごはん」カテゴリの記事

コメント

わたしにとっても1年ぶりの山田牧場は
相変わらずほっとでき、満足感たっぷりのご飯でした。

本当に素敵な場所を教えてくれて、連れてきてくれてありがとう。
楽しい時間を共有できて、幸せなひとときでした。

こんな風に毎年楽しみに来られる場所があるって
素敵だよね。
田舎がないから余計にそんな風に思います。

年を重ねて少しづついろいろなことやものが変わっては行くけど、
変わらずにそこにあるっていうのって大切だなぁ・・・と。
しみじみしみじみ.....

>kotoちゃん

うん、ほんと、しみじみじみしみ。。。。。。。

加えて、こうして一緒に行ってくれる友だちがいることの幸せが
さらに

しみじみじみじみじみ

また来年もここで誕生日やりたいねー!
今度は善光寺の宿坊もセットにしちゃおうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ いつものごちそう、特別のごちそう:

« ■ 浅草橋の水新菜館と、パーツ買い出し行脚 | トップページ | ■ まこも茸っ! 水なすっ! »

無料ブログはココログ