« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

◯ ごぼう茶で作るしめじのスープ

125

ごぼう茶(大さじ1=1,5g前後、パックのものは袋から出す)を250mlの水に入れて中火にかける。しめじ10gは石づきを取り、ほぐして入れる。5分煮たらだし醤油大さじ1で味付けをして、粗挽き胡椒を振っていただく。

ごぼう茶って、すごーく健康と美容にいいらしいです。健康食品店だけじゃなくて、最近ではスーパーでもみかけるようになってきました。私のはイトヨーで買ったよ。このごぼう茶、そのまま煮だして飲むとごぼうの煮汁飲んでるみたいであまりおいしくないのですが、スープの具だと思って使うと、実にいいお出しが出て、おしょうゆで味付けをするととってもおいしくいただけます。お茶だとだしがらは捨てちゃいますが、スープなら丸ごと食べられて、それも栄養に。

デトックス効果や胃腸を調整する効果のあるごぼうさんを、デトックス効果満載のしめじくんとコンビニしてみました。だし醤油以外のうまみ成分を加えていないのに、えもいわれぬ滋味。ほんとの素材のおいしさって、えらいなあと思います。朝からすっきりだー。



◯ 塩昆布で作る、プチトマトと海苔のスープ

123

 水250mlに塩昆布5gを入れて火にかける。プチトマト3個を入れて5分煮る。最後に海苔1帖をちぎって入れ、好みでしょうゆで味付けをする。この日は塩昆布のうまみのみ。何の味付けもしなかったけど、おいしかったです。プチトマトを崩しながらいただきます。トマトと海苔って合うんだよねえ。

トマトは胃腸の調子を整える働きがあり、海苔や昆布は冷え性やむくみに効くデトックス食材。すっきりしたい朝に〜。塩昆布は出汁にも薬味にもぴったりなので、うちでは常備していますー。

◯ おなかがさっぱりほこほこするくずし豆腐としょうがのごまスープ

Touf

250mlの水を鍋に入れ火にかけたら、しょうが20g(さくらんぼの実ぐらいの量)のすりおろしを入れ、豆腐80g(一番小さいパックひとつ)を手で崩しながら入れて煮立てる。小口切りのねぎ5cmほどを加え、だししょうゆ大1,白味噌大1、白すりごま大2で味付けをする。七味唐辛子を振ってどうぞ。

この日はなんだかお腹がすいていたので、水で戻した小町麩も入れてお腹の足しに。ゴマや豆腐は冷え性にとってもいい食材。しょうがと七味が加わって、これ一皿でお腹がぽっかぽかになるスープでした。しかも、いただいたあとのお腹の調子がすっきりとしてびっくら。これは二日酔いにもよいかも〜。
味噌とゴマは美肌にもええんじゃて。お味噌は白味噌のほうが、白すりごまとの相性がよいです。甘みが強いのが好きな人は、塩麹少し入れてもええかもねー。

◯ えのきとしょうがの、食べるかつおぶしスープ

Enoki

えのきだけは食べやすい大きさに切り、しょうが5gは千切りにする。水250mlに花かつお3g(よくある小袋入りのもの一袋)をどばっと入れ、中火でえのきと生姜と一緒に5分ほど煮る。この日は塩麹小さじ1で味付けしたけど、味はだし醤油、塩などおおおのみのものでもOK。

かつおぶしは発酵食品なのでアンチエイジングにもとってもいいらしい。いちいち出汁を取るために取り出したりするのは面倒なので、どばっと入れて具として一緒に食べてしまうと考えるほうが、栄養もきっちり取れてよいような気がする。かつおぶしとえのきで具がたっぷり感満載のスープになりました。なので、かつおぶしは細かいタイプのものを使うのがいいと思う。出汁専用の大きめのものだと舌触りがよくないので。

ちなみにえのきも血中コレステロール下げるとか、繊維分がお通じにいいとか、とってもいいらしいよ。

◯ 冬瓜と干しエビのさっぱりスープ

1_1

冬瓜50gは種を取り薄くスライス。水250mlに干しエビ小さじ1と一緒に入れて5分ほど煮てから、そのまま5分ほど放置しておく。味見をして塩で整えるのみ。塩気が欲しいときは、塩昆布で食べるときに調整していただく。

とってもさっぱりしたシンプルなスープだけど、冬瓜のうまみがきわだって、お腹もきもちもすっきりしました。冬瓜は利尿作用があり、暑い時に食べるとからだを冷やしてくれる野菜。美肌効果もあるらすいよ。干しエビにはコレステロールを下げる働きもあるそうです。

◯ 韓国海苔とお麩の炒り卵スープ

121
卵1個を溶きほぐし、ごま油とオリーブオイル合わせて大さじ1を熱したお鍋に入れてざっくりした炒り玉子を作る。ここに水250mlを入れ、煮立ったら韓国海苔4〜5g(1帖)をちぎって入れてよく混ぜ、5分ほど煮る。小町麩2個を細かく手で割りほぐして入れ、とろみをつける。だし醤油(めんつゆ)大さじ1で味付けをする。

最後に水で戻した小町麩を入れて煮ると、お腹にたまるスープになります。休日のブランチに。
卵は、最後に溶き入れて卵スープにするよりも、油で最初に炒めてから煮ることで、卵のうまみが出やすくなります。即席ラーメンを作るときなども、この方法でスープを作るとおいしいよ。卵って出汁になるんだー! ってちょい感動するはず。
韓国海苔のうまみも溶け出しているので、味付けは味見をしながら薄めに。

海苔には鉄分やカルシウム、タウリンなども含まれているので栄養がたっぷり。スープにすると一枚カンタンに食べられるので、便秘や美肌、貧血などにも効果がありまふ。お麩も良質のたんぱく質でできているので、お肉などを取るよりローカロリーでからだにいいんだって。
ってなことで、みかけはちょい悪いけど、栄養いっぱいの一品となりましたー。

◯ 貝柱と長ネギの黒胡椒スープ

120

干貝柱10gを300mlの水に入れ、中弱火にかける。長ネギ20cmほどは縦2つに切ってから斜め千切りにして鍋に入れて、10分煮る。今日は休日で雨降なので、なんとなくにんにくのスライスを1枚入れて香りづけをしてみた。ごま油少々、岩塩とたっぷりの粗挽き胡椒で味付け。

昨日ちょっとお酒を飲んだので、貝柱で作ってみました。余裕があったら、ほんとは前の晩に貝柱を水につけて寝たほうが、いいダシが出るんだけど、忘れちゃった。細かく粉砕されているタイプのものを使ったので、10分でもきちんとダシが出ました。長ネギは弱った胃腸を整える役目もあります。長ネギは繊維に沿って千切りにすると、繊維が歯に挟まったりして食べにくいので、白髪ネギのように細く千切りにしたいときは斜めに切るほうが食べやすいです。胡椒がいっぱいで、汗が出てきましたよ。どよーんとしてた胃腸がすっきり!

◯ 紫玉ねぎとドライトマトのあっさりスープ

118

紫玉ねぎ4分の1は繊維に沿ってざっくりとした千切りに。ドライトマト10gは食べやすく千切りにして、300mlの水で10分煮込む。

味見をしながら岩塩で味を整え、仕上げにバルサミコ酢、しょうゆを各小さじ2分の1を入れて、さっぱりといただく。

ドライトマトの質によって、うまみの出方が違うので、味付けは味見をしながら。トマトの酸味と、バルサミコ酢であっさりすっきり食べられます。紫玉ねぎとトマトから鮮やかな色が出てくるので、色もキレイ。
玉ねぎには胃腸を整え、気持ちを落ち着かせる効果があるので、ちょい疲れて食欲がない朝にオススメす。

◯ きゃべつとハムのシンプルなスープ

2


キャベツ1枚、ハム2枚(なるべく添加物がすくないもの)は、ざくぎりにする。

水300mlを加えて、10分中弱火で煮込む。塩コショウで味を整える。胡椒はぜひブラックペッパーを粗挽きで。ハムの塩気があるので、塩はちょっとでもOK。
キャベツは美肌効果もあるし、薬効ハーブといってもいいほど栄養価が高い野菜なので、たっぷり朝に食べると調子がいいよー! キャベツのうまみとハムでしっかりダシが取れます。この日は千駄木のコシヅカハムで買ったボロニアソーセージを使っちゃった。ってなことでハムでもソーセージでもOK。
(レシピは1人分です)

◯ 焦がしねぎネギと干しえびのスープ

119

玉ねぎ4分の1、長ネギ10センチ千切りをオリーブオイルで炒めて焦がしてから、水300mlを加えて、干しエビ小さじ1入れて10分煮る。

岩塩と胡椒で味を整える。

10分煮ると水が蒸発するので、300mlで作ると、ちょうど一人分250mlになりまふ。レシピは一人分なので、適宜増量してねん。

◯ とうふとアスパラガスのスープ

1

体調管理のために、朝ごはんはスープにすることにしました。家で作れる日はなるべく頑張ってみるお。
自分なりのしばりで、以下をなるべく守ったレシピを作ってみようかと思います。
1,一人分250mlを基準
2,素材の栄養を引き出すため、なるべく粉末のだしの素や固形スープの素などを使わず、素材のうまみを中心に食べられるものにする
3,材料をたくさん使いすぎない。基本2つの野菜や乾物を中心。
4,10分で作れる(基本、煮込み10分)
最初に作ったのはこちらなんだけど、ちょいガラスープを使ってしまった。次からは使わないレシピで。

アスパラガスと豆腐のやさしいスープ
アスパラガス1本は小口切りにする。おとうふはなるべく小さめのさいの目切りにして、250mlの水で煮る。
うまみを追加するためにガラスープ小さじ半分、ナンプラー小さじ1〜2で味を整えたら、くず粉(片栗粉でもOK)でとろみを付け、しあげに牛乳大さじ1を加える。
この日は春雨も入れちゃいました!!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ