カテゴリー「★ 今日の手仕事」の記事

★ オーダー作品アルバム作りました!

先日お話した、6人からいただいたオーダーアクセサリー。

この場所は最初はごはんのことだけを書いていたのに
手仕事のことも同居するようになっていたのですが
いろいろ作るものが増えてきたので、ちゃんと作品を掲載できる場所も必要だなあ

ってことで、武蔵野舎 という手仕事のアルバムのブログを別途設定しました。
ここで、先日作った6つのアクセサリーを掲載しています。
この場所は、オーダー頂いた方に、こんなアクセサリーができましたよ、ってことと
そのアクセサリーをどうやって身につけるのか、ってあたりを
いろいろお見せするために使っていこうと思っています。

まだまだ工夫中ですけど、とりあえずは6人分の完成品を載せてみたので
よかったら見てくださいね。

少しづつ体制を整えて、いろいろ作れる環境にしていきたいです!
まずは、デザインのサンプルということで、
こんなもの作れまっせー、というご報告です。

Dsc00768_2

まずはシェルのリングに、パールやアメジストなどで作ったお花をあしらった
ネックレスとブレスレットのセット。
つなげてロングタイプにすることもできます。
くわしくはこちら

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415208

次のものも、ブレスレットとのセットです。

Dsc00775

ブルーレースにラインストーンをつけて、シルバーのワイヤーでラッピングしてあります。
大人の女性のかわいらしさを表現。つなげてロングタイプにすることも。詳しくはこちら。

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415203

次はスワロフスキーのクリスタルをラッピングした、ネックレス2本のセットです。

Dsc00750_2

ペンダントトップがフックで取り外せるようになっており、2本をつなげてロングロングネックレスにしたり、1本は3重に巻き付けてブレスレットにすることも。くわしくはこちら

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415213

スペインのガラスビーズを使った、ちょっと大ぶりのネックレスも作りました。

Dsc00739

革紐でつなげているので、ちょっと個性的になりました。ビーズはバルセロナで買ってきたもの。そのほか、ベネチアンビーズや、アメリカから取り寄せたシルバーパーツなども。くわしくはこちら。

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415214

このタイプについては、もうひとつ色違いで、使う石や革紐の色も変えて、作っています。こちらは私のプライベートなプレゼント用です。

Dsc00746_2

ビーズの色が違うだけで、すごく雰囲気変わりますよね。

さて、次の作品はちょっと大人っぽい、スーツに似合うグリーンのアクセサリー。

Dsc00795

こちらもブレスレットとのセットで、つなげてロングにすることもできます&ペンダントトップは取り外し可能で、まったく違う2つの雰囲気で楽しんでもらえるデザイン。こちらを見てね。

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415212

最後は、ロングネックレス。ペンダントトップをはずして、ネックレスの前後を入れ替えて使うことで、何通りもの使い方ができるタイプです。

Dsc00784

ブルーレースをラッピングしたトップのほか、ローズクォーツやアクアマリンなどを使っています。オーダーしてくださった方に合わせて、石の意味も考えてアレンジしてあります。こちらを見てね。

http://blog.atelier-izumi.com/?eid=1415215

撮影に使ったお花はすべて私のお手製のものです。
お花もまた頑張らなくちゃ−。

ということで、アクセサリーのアルバム。
武蔵野舎です。
よかったらぜひ見てくださいね!

http://blog.atelier-izumi.com/?cid=37662


★ 6人それぞれのネックレス完成

仙台に仕事をかねて行ったのが1月の最初のころ。

仙台にはたくさんの素敵なお友達がいるのです。
そして、たくさんのうまいもの、うまい酒、あったかい人たちがいます。
これまで、何の用事がなくても、年に1〜2度は必ず行ってるなあ。
そんな、大好きな「勝手に決めたふるさと」のひとつ、仙台。

わらわらと夜に集まって
うまい酒とうまい魚に舌鼓を打ちながら
「今度作ってあげるねー」と約束をしていたお友達がいたので
ワイヤーアクセサリーと石の色合いの見本を数点持参しました。

なんと、うれしいことに
その場で6人からご注文〜。

わー。

それぞれが、大好きなお友達です。
雰囲気も、好きなものもわかります。
そんな人たちが、
「長さはこのぐらいかな」
「こういう服につけたいんだよね」
「このデザインのこのところを、もうちょっとこうして。。。。」

なんてことを話してくれて、その人たちのために何かが作れるって
実はものすごーく贅沢なことなんだ、と思うのです。


私の仕事は、コラムを書くことです。

まさか自分がこんなことで食べていけるようになるなんて
30歳まで想像もしていませんでした。
だから、いろんなことに感謝しているし
この仕事が心から好きです。
同時に、自分なりに勝手に、この仕事にちょっとした使命感や、責任感を持っていたりもします。

でも、物を書くのは、やっぱり孤独です。
誰のために書いているのか、よく見えません。
そして、誰が読んでくれたのか。
読んでどんな風に感じてくれたのか。
それがダイレクトに見えない中で、いつも手探りで試行錯誤しています。
自分のやってきたこと、自分がめざしているものにプライドや自信を持ちたいと願う一方で
ほんとはね、どこかで怖くて怖くて仕方がないことも、あるんだなあ。

そんな時
誰か一人の顔の見える人
発した言葉に、表情や声や、しぐさを返してくれる人たちに
自分がちっぽけでもいいから、何かができたんじゃないか、って思える体験をするのって
実は本業の仕事に大きな大きなはげみになっているように思うんです。

だから、誰か一人のために
その人だけのものを
一つだけ作る

って

「物づくり」という意味では、ものすごーく贅沢で
素敵なことだな、と思います。


ぜんぜん違う話になっちゃうかもだけど
旅先でね
おいしいなあ、って思うものって、たいてい街の小さなお店で作っていたり
市場のそばでさくっと調理されているものだったりするの。

昔、アメリカやハワイの大きなスーパーに行ったとき
いろんなものがおっきくて、物珍しくて、大興奮したものだけど
食べてみたら、なんだか気持ちがひゅるーっと寂しくなった。
何度か繰り返すうちに
ああ、これは工場で作れらた食料なんだ、って思ったんだ。
工場で、閉ざされた場所で、食べてくれる人の顔も何もわからない場所で作られるものと
今日作ったものは、こんな人たちが買って帰るんだな、って思える場所で作られるもの。
仮に製法も原料も同じだったとしても
もしかしたらちょっと、違うんじゃないのかな、って思う。

やっぱり、顔の見える場所で出来ることを、大切にしたいなあ。
それが、これからの私のちょっとした目標って思ってます。

ってなことで、6人それぞれのアクセサリーの詳細は
また時間を見てご紹介していきまーす。

同じように見える物でも、ちょっとづつ違います。
やっぱり6本で1ヶ月はかかっちゃった。
でも楽しいからよしとします!

Img_0654


★ めのうと鳥かごのパーツで

ご無沙汰していました。
うーむ。
年末年始と、なんだかばたばた忙しかったです。
私は元来、あまりまめなほうではないのかもしれません。
ブログって、ぼんやりしているとつい書かなくなってしまうものですなあ。

頑張りすぎるとよろしくないので、まあ、こんなぐらいのペースでぼちぼちと。

ごはんの話もいろいろあって、写真がどんどんたまっていくのですが
とりあえず手仕事の話。
年始に、仕事場にちょっと手を入れて、今年は花とワイヤーを本腰を入れて作っていけるように
スペースを確保しました。

去年末に新書を一冊入稿したのが、かなり精神的にも体力的にもきつかった模様で
すっかり心身がお疲れ気味。
からだが疲れるだけなら休めばいいのですが、気持ちがすり減ってしまった場合は
ただ休むだけでないリハビリが必要です。
手仕事はそんなときのリハビリにぴったり。
しばらく、本業の仕事はお休みモードにして、手仕事に埋没していました。

ちょうど年始に仙台に行ったおり、仙台のお友達からいくつかオーダーをいただいて
その準備をはじめています。
今年はこんな風に、お友達のオーダーにコツコツ作品を作りながら
ちゃんと発表したり、販売できる体制を整えていきたいです!

ということで、リハビリに作った自分のためのネックレス2本。
台湾で手に入れてきたグリーンめのうの大きな石にインスパイアされて
こんな風にデコレーションしてみましたー。

Img_0611_2

チェーンはシンプルに市販のもので。
グリーンめのうと、アメジストの取り合わせ。
あまりこの手のおおぶりのものは身につけないのですが、台湾でたくさん見た
天然石のネックレスに触発されてしまいました。
このぐらいなら、普段身につけられるかなー。

Img_0614

もうひとつは、先日ワイヤーを買いに行った貴和製作所でひとめぼれして買ってしまった
鳥かごのパーツで。

Img_0617_2

うーん。
この手の、最近のラブリー系の雑貨やさんによくあるタイプのデザインのものは
あまり得意ではないのかもしれないです。
いまひとつって感じがします>笑
やっぱり私は、大人の女性向けのデザインのほうが向いているのかもしれません。
(ってか、自分がそういう年なんだから仕方ないってば!>笑)
でもこれはこれで、Tシャツとカーディガンのときなんかに身につけられそう−。
鳥かごかわいい! この手のパーツには目がないので、ついついの買いすぎ注意です。

さて、だいぶリハビリも効いてきた模様。
こんどは久しぶりに染花とのコラボで作品作ってみようと思っています!

★ しぶめの銀色ネックレス

忙しい時期が終わったので、待ち構えていたようにワイヤーをぐにゃぐにゃ。
頭だけ使っていると、完全にバランスが崩れるみたい。
ずっと、やりたくてやりたくて仕方がなかった手仕事です。

手がなまっているので、いいワイヤーを使うのはやめて
ニッケルのシルバーワイヤーを使いました。
このワイヤーは安いので、大量に使っても安心>笑
ねじねじコイルをいっぱい作って、こんなネックレスに仕上げてみました。

Img_0464_2

レモンイエローとグレーの組み合わせがきれいな天然石を装飾して
ニッケルワイヤーをねじったものを、さらにコイル状に巻いたパーツと
ねじったワイヤーで作ったミッキーマウスみたいなパーツでネックレスに。

Img_0459_2

トップのペンダントヘッドには、シルバークォーツと、ペリドットで装飾を。
まわりは、コイル状にしたワイヤーで囲んであります。
もうちょっと手がきれいになりたいなあ。

Img_0458_2

これで、だいたい二晩かかりました。
食後のひととき、ケーブルテレビを見ながらねじねじ。
2日かけて作ったネックレスをつけてお出かけしたら
ちょっと飲み過ぎて今日は二日酔いです。


まだまだ、いろんなパターンで作り続けて練習しないと。
そして、どっかの時点で
布花とコラボしたいんですよね。
しばらく修行中です。

★ マイスタイルが定まってきました

ワイヤーワーク、いろいろ作っているうちに、だんだんと
マイスタイルが定まってきた気がします。

いろんな先生や作家さんたちの作品を見続けて、いろいろ試して
でも、やっぱり最後には
自分が一番身につけたい物! を基準に考えてしまうので、どうしても傾向が似てきます。

それでいくと私は、いろんなビーズやパーツをたくさん取り入れるよりは
すごくシンプルにワイヤーそのものの形が生きるデザインが好きだなあ、と。
作っていて楽しいしね。
1本の針金が、どんどん違う形に変わっていくのがとっても楽しい。

あとはやっぱり、自分のいつものファッションに一番似合うもの、、、、、となっていき
シルバーと天然石中心の物に落ち着いてきました。
大ぶりパーツのアクセサリーや、白黒赤などはっきりした色合いのものは
私のような微妙な年齢だと、そのアクセつけたとたん、突然おばさん化してしまう、という
非常に危険なエリアというのがあるのですよ>笑
これはほんとに不思議。おばさんアクセってのが、あるんですわな。
うふふ。

ということで、最近自分なりにうまくいったと思う作品を紹介しまーす。

Img_0398

シルバーのワイヤーを生かしたくて作ったガーリーなお花のネックレス。

Img_0399

貝で作ったリングの形をしたパーツに、これでもかっ!と装飾してみました。
えへへ。こういう、デコっぽいもの好きなんです。

Img_0400

ただワイヤーをぐるぐるしただけで作ったパーツ。
この手のものが大好き! ぐるぐるしているだけで、しあわせ。
ビーズをつなげたりするより、性に合ってる気がします。
オリジナルで、いろんなぐるぐるパーツを作りたいです!


こちらは、パワーストーン屋さんで手に入れた水晶(穴も何もあいてないもの)を
フレーミングという手法を使ってパーツに仕上げたネックレスです。
アメリカから個人輸入した紫色のきれいなチェコビーズと合わせてみました。

Img_0403

おそろいで、ブレスレットも作成。
チェコビーズひとつひとつにも、ワイヤーの装飾を施しています。

Img_0404

ネックレスとブレスレットは、つなげることができるので、合わせてロングネックレスにすることも可能。

Img_0405

この手の「つなげてバリエーション」パターンは、お気に入りです。
武蔵野ブランドとしては(笑)、このあたり、中心に展開していけるといいなあ。

もいっこ。
赤めのうのきれいな石をみつけたので
大人っぽくフレーミングしてみました。

Img_0407

こういう作業が大好き。
石がきれだなあ、針金ってきれいだなあと、作っててうっとりしちゃいます。
パーツが存在感ありなので、チェーン部分はきゃしゃに。

Img_0406

ガーネットと、ツイストしたより線ワイヤーで、細かく仕上げてみました。


もいっこ(まだあるのか!>笑)

一番気に入って、たぶん、一番身につけているのがこのラリエットです。

Img_0409

ながーいチェーンの先に、ローズクォーツとアメジストで作ったパーツをつけてあります。

Img_0408

片方のチェーンの先には、ワイヤーでデコレーションした石と、留め金具がついているので、

Img_0410

好きな位置で留めて、好きな長さのネックレスにすることもできるし

Img_0411

ただチェーンを首に巻いて、ラリエット式に使うこともできます。
こんなタートルのセーターでも素敵だし、白いシャツのボタンをはずして、首元にまいても
なかなか素敵だなあって思ってます!


ということで、最近の作品でした。
お気に入りのものがあったら、声かけてみてくださいねー。
本業の状態にもよりますが
オーダーお受けすることもできますので。
うふふふふ。


★ 野菜のブーケと、お誕生日のワイヤーワーク

お友達のお誕生会をしました。
いつ行っても気持ちがいい、仲良しさんのお宅でたくさんのお料理とおしゃべり。

ああ、人生アラフィフまで来て、こういう風に時間がすごせる人と場に恵まれているって
ほんとにしあわせだなあと思います。
いつもありがとう!>一緒に遊んでくれるみなさま

お誕生日にはいつもお互いお花を贈り合っているのですが
今回はちょっと変わり種のブーケを注文してみました。
お野菜のブーケです。

先日、お仕事で知り合った方がお野菜をいっぱい送ってくださったのですが
そのおいしいお野菜を作っている方は、なんとお野菜でブーケを作るとも言うのです。
そりゃあ、ぜひ欲しい!
お花って大好きだけど、いつも枯れてしまって捨てるときに、なんとはなしの罪悪感を感じるんですよね。私、だから布花作ってるってのもあるんです。
きれいだなあと消費して、すぐ捨ててしまうことへの罪悪感。
お花大好きなんだけど、枯れて捨てるときが哀しいから、枯れない布花作っちゃう>笑

お野菜なら、食べられるじゃん!
きれいだと楽しんで、あとは胃袋に収まる。
そりゃあなんと正しい贈り物。
さっそく今回のお誕生日の主役二人のために作成をお願いしました。

Img_0369

こちらは女の子のママに作ってもらったもの。

Img_0372

こちらは中学生と高校生の男の子2人のママのために。
がっつり食べられるように、お野菜いっぱい!!

お料理好きのお友達、ブーケを見たら大興奮してくれて、
さっそく「何作って食べよう!」とわくわくしてくれました。
きれいで楽しくてしあわせになって、そして夕食のおかずになる。
まあ、なんと素敵なプレゼントなんでしょ。

伊藤苗木の小山さん、ほんとにありがとうございました!
お野菜ブーケはこちらを見てね。
http://www.itonaegi.com

さて、お誕生日さんには私からもプレゼントです。
このところ、本の執筆と講演で忙しくてばたばたしていたのですが
そういう時こそ、息抜きのワイヤーワーク!
プレゼントする相手がいると思えるだけで、小さく空いた時間に針金ぐにゃぐにゃ。
とってもいい息抜きになりました。
ほんと、お誕生日でいてくれてありがとう!>笑

ほんわか優しい雰囲気のJちゃんには、シルバーとアメジストのチェーンネックレスを。

Img_0352

アメジスト、ライトアメジスト、淡水パールをシルバーコーティングのチェーンでアレンジしてみました。先端についている小さな天然石も、ちっちゃくちっちゃくワイヤーワークが施してあります。うふ。

Img_0353

元気で個性的なSちゃんには、以前バルセロナで買ってきたガラスの大きなビーズに、カッパーと言われる銅のワイヤーをツイスト状にねじったもので、装飾してみました。

Img_0356

ひっくり返ってもいいように、裏もちょっとだけ違ったデザインでデコレート。

Img_0357

カジュアルに身につけられるように、革紐とチェコビーズをワイヤーでつなぎました。
先端はチェーンやビーズで動きを出しています。

Img_0354

途中には真っ赤なガラスビーズをノンターニッシュブラスのワイヤーで装飾して。

Img_0358


喜んでもらえたかな。
誰かの顔を思い浮かべながら、手を動かしているときが一番しあわせ。
ワイヤーワークやってみて、よかったです!

楽しい一日でした。


★ 母とのコラボ

私の実母は、長いことファッションのアパレル会社の企画を勤め上げて
引退したあとは、昔培ってきた人脈みたいなものを生かして
帽子とか、花なんかを作って、展示会などに卸していたりします。

作家活動というよりも、完全に実務としての帽子や花作りをしてる人です。

趣味と実益を兼ねてって感じ。
えらいよね。

私がやってきた花は、母が作ってきた花とはちょっと別の路線のもので
母の仕事と私はぜんぜん関わっているわけではないのですが
たまにどうしても間に合わない! なんてときに
布地を切ったり、茎を巻いたりするのを手伝うことはあります。
ああ、でも最近はやってないなああ。私も忙しくなっちゃって。。。。。。。。

そんな微妙にすれ違っている母と娘なのですが>笑
同じようなものを作っていたりするので
たまに会えば話ははずみます。

で、最近私のワイヤーワークを見た母が、次の展示会でぜひ花とコラボしたいというので
一緒に作品を作りました。
これ。

Img_0264

母が手染めで作った花の芯を、私がワイヤーワークで作っています。
で、それとおそろいのネックレスをセットにしている、というわけ。
以前紹介したこれ(後半に写真が出ている花とネックレスのコンビね)みたいに、一緒にしても、別々でも楽しめるアクセサリー仕立てです。

お花の芯はこんな感じになってます。

Img_0266

ビーズや天然石をまとめたものを花の芯にしているものは結構あるのですが
場合によっては重くなってしまって
薄手の服にコサージュをつけると、垂れ下がってしまうことも多々。
ワイヤーワークにすることで、軽く、そしてちょっと若々しい感じに仕上がるように思います。

同じ石とワイヤーでネックレスも。

Img_0262

アクアマリン、アメジスト、淡水パールなどのミックスです。

ワイヤーの芯を配置しやすいように、平坦な花の作りに仕立ててもらったところがミソかな。
こういう形だと、髪の毛にもつけやすいし、着物の帯なんかにもつけたらかわいいです。

Img_0265


忙しくて、なかなか時間が取れないのだけれど
母が元気で物作りができるうちに
一度ちゃんとコラボしてみたいなあ、と思う私でした。

うーん。実際母とやるとなったらかなり大変そうですけどね>笑


★ ローズクォーツのラブリーなセット

先日、実母から「お友達へのプレゼントにしたい」ということで依頼されていたアクセサリー。
ピンク色で、かわいいものが大好きという相手の方のテイストに合わせて
ローズクォーツで作ってみました。

Img_0246

こんな感じ。

ペンダントヘッドは、シルバーワイヤー、シルバーのツイストワイヤーなど、先日アメリカから個人輸入した素材で作ってみました。数本を束ねてラッピングする方法です。

Img_0245

Tカンという、輪っかとT字型のピンを組み合わせて留めるタイプの留め金を、胸の前に持ってきました。ここにローズクォーツのハートのペンダントヘッドをつけています。このペンダントヘッドは取り外しができるので

Img_0249

こんな風に、ヘッドをはずしてTカンの部分をペンダントヘッドのように使ってみても楽しいし

Img_0248

こうしてラリエットのように、首の根本のところでクロスして使っても別の雰囲気が楽しめます。
また

Img_0250

留め具は首の後ろに持っていって、繊細なチェーンの部分を前にして、ここのペンダントヘッドをつけることも可能。こちらはちょっとシンプルな雰囲気になりますね。
こんな風に、ひとつのアクセサリーがいろんな顔を持つのが好きです。
お洋服に会わせてアレンジできるからねー。

おそろいでブレスレットも作りました。
こちらはローズクォーツ、アメジスト、グレー水晶などのパワーストーンをちりばめて。

Img_0256_3

同じくアメリカから取り寄せたアクセサリーボックスにセットして、プレゼント用に。

Img_0260_2

ワイヤーがちょっといいものを使っているので、輝きがよいですー、作っていても見ていてもうっとり。。。。。って、作り手がうっとりしててどうする>笑

喜んでいただけるといいなあ。
里子に出て行くアクセサリー、徐々に増えています。
暇をみて、ショップにもできるように頑張ります。

★ ガーネットと珊瑚で赤いアクセサリー

お友達がアクセサリーのオーダーをしてくれました。
そのいきさつについては、こちら、
クリエイター仲間で作ったグループ「フラーレン」のサイトのブログに詳しく書いています。

http://blog.f-ren.com/?eid=9

このブログの中で紹介したのが、ガーネットのきゃしゃなネックレス。

Img_0215

つなげて長く使うこともできるし、先のチャームは外すことができるのでいろいろアレンジ可能。

Img_0218


同じように、スポンジ珊瑚のころころかわいい天然石を使って、おおぶりのアクセサリーも作りました。ガーネットとコンビです。

Img_0244

こちらもいろいろな使い方ができるようにアレンジしてみました。使っているのはスポンジ珊瑚、ガーネット、ノンターニッシュシルバーのワイヤーとチェーンです。
ガーネットとワイヤーで、リングを作っています。このリングにもう一方の先のガーネットをつなげたチェーンを通せば、こんな感じでチョーカーのように使うことができます。首の近くでネクタイのようにすることもできるので、首の大きく空いたセーターやシャツに。

リングの先にフリンジのようにつけたガーネットチェーンと、もう一方のガーネットチェーンはフックでつなげることができます。
ガーネットのリングをチャームがわりに、こんな風にロングネックレスとしてセーターと組み合わせたり

Img_0241

フックはガーネットをつなげたチェーンのどこにでもひっかけることができるので、こんな風にリングをチャームのようにして前に垂らすこともできるし

Img_0240

リングを首の後ろに回して長さ調節をすることで、服のデザインに合わせて、一番しっくりくる長さで使うこともできます。リングを首の後ろに持っていくと、スポンジ珊瑚だけの、パンチのあるネックレスになるし、逆に使えばガーネットが前に来て、ちょっと繊細な感じになる、というわけ。

Img_0242

このアクセサリーは、最初にご紹介したガーネットのきゃしゃなネックレスと同じ方からのオーダーなので、両方を組み合わせることも可能。同じガーネットだから、仲良くアレンジできちゃいます。

Img_0243

ガーネットを二重でつけて、チャームはスポンジ珊瑚の大きなネックレスのほうのチェーンの先につけてみました。いろいろ、おしゃれに楽しめるでしょ?


シルバーと赤い石という組み合わせで作ってみた今回のアクセサリー。
こんな風にブログで出来上がりやアレンジを公開することで、オーダーしてくれたお友達にもみれるようになるなあと思ってます。で、直して欲しいところを言ってもらえたら、直せるし。

地道に、こんな風に誰かに喜んでもらえるアクセサリーを作っていきたいです。
どうかなあ、こんなんでよかった?> I ちゃん

今週はもう一つのオーダー作品を作りました。
こちらはまた、あとでね!


★ アルミワイヤーのアールデコ風ペンダント

忙しい日々が続いている中の、一服の清涼剤。ワイヤーワークです。
日曜日、午前中で懸案がほとんど処理できてしまったので、
あと残っていた「スーパーでの買い物」「犬を獣医に連れて行く」をこなせば、自由時間ができる! という状態に。

最近、出張が多いし、息子が給食になってしまったので、生協の宅配は食材が大量に余るんですよね。なので、都度スーパーで食材を調達しているわけです。まあ、買い物も息抜きにはなるのでね。いまのライフスタイルには、こんなのがちょうどいい。
とはいえ、日曜日のスーパーにはなるべく足を運びたくない。
しばし逡巡して、ネットスーパーにお願いすることにしました。ああ、楽ちん。

犬の散歩をかねて獣医に行ったあとは、私の自由時間です。
やったー!
(息子はでえとに出かけていないもんねー>笑)

ということで、これまでレシピ通りに習うか、あとは自分で適当につなげて作っていたアクセサリーを、ちゃんとデザイン画を描いてから作る、ということに挑戦してみました。

こんな感じ。ちゃんと原寸大でね。
とはいえ、まだワイヤーの勘所がないので、海外のサイトをあちこち徘徊しながら、いろいろデザインのアイデアをいただきました。まだ目と脳がワイヤーに慣れていないからね。

Img_0166

Img_0167

この中から、2点形にしてみました。
ひとつは、ワイヤーの曲線を生かしたもの。使っているのはアルミです。すごく軽いです。
使い方を間違えると安っぽくなってしまうのですが、これなら割と大丈夫かも。

Img_0158

パズルのようにパーツを組み合わせて作りました。

Img_0161

ヘッド部分には、先日浅草橋で一目惚れして、お店の人と大騒ぎして買ってきた「ブラウンインカローズ」。これがほんとにかわいいの! 色も形も!

Img_0160

パーツの細部にも石とビーズがが埋め込んであります。
首の後ろのチェーン部分は、普通のチェーンだと安っぽくなってしまうので、ガラスビーズの2トーンをめがね止めでワイヤーでひとつづつつないだチェーンを手作りしました。
こういう、細かいところにこる楽しさは、手作りならでは。

もいっこ。
ピアスのヘッドを作りました。

Img_0163

ワイヤーはひと筆書きで成形するので、きちんとデザイン画を原寸大で描いておくと、そこに合わせながら成形できるので便利だ、ということに気づく。
ピアスのように2個同じ形にしなくちゃいけないものは、なおさら。

とはいえ、微妙に形は違ってしまいました。
それもご愛敬か。

このワイヤー、中央の模様の部分は金のワイヤーを、ワイヤーをよる機械で撚って使ってあります。まわりのフレームは、細いワイヤーをばねのようなコイル状態に延々と巻いたものを、太いワイヤーに通して使ってあります。こうすることで、とめつけるワイヤーがしっかり固定するんですね。見栄えもいいし。

そんな技術を少しづつ、会得しながら練習中です。


結局、5時すぎからはじめて、夜の1時まで作っちゃいました。
(間、ごはん食べたりしてるけどねー)
楽しかった−!!!!


無料ブログはココログ